自動車事故を起こしてしまった際、遭遇してしまった際に弁護士に依頼する。

意識不明

虹がかかる

自動車にぶつけられてしまった場合、たいていは骨折をするなどの重傷を負ってしまいます。

被害が深刻な場合、意識不明に陥ってしまうケースもあるのです。

 

このような場合には意識が回復しても重篤な障害が残る場合もあります。

長期の入院にくわえ、もとの仕事に復帰できない可能性さえあります。


交通事故の被害者は、加害者に対して治療にかかった費用や
慰謝料を請求することができますが、被害者本人が意識を失ってしまった場合は
家族などが代わりに手続きをしていくことになります。

 

被害者本人の証言を聞くことができないため、事実関係を整理していくことに時間がかかるのが普通です。

 

人身事故を引き起こすと、加害者の立場からは悪気はなくともなるべく早く
解決したいという心理がはたらくようですが、加害者との示談交渉をしたりする場合は
結論を急がないことが大切です。

 

事故から時間が経過すると簡単ではありませんが、警察に検分をしっかりしてもらい
相互一致した状況を確認すること。

後々後遺症や生活に支障のある障害がでてから後悔してもはじまりません。


しかしこういった問題は非常にややこしいことが多く、示談の交渉も
上手くいかないのが普通ですし、当人同士よりも家族側で揉めることも
非常に多いため、平和的解決を望むことはほぼ不可能とも言えます。


素人で解決しようとするとこのように余計なトラブルに発展しかねませんので、
ここは費用をかけてでも、交渉のプロに任せることをお勧めします。


交通事故の問題を取り扱っている弁護士に相談して、事実関係を少しずつ整理し、
慰謝料などの金額を決めていくほうが、確実に安心できるでしょう。

恐ろしい