自動車事故を起こしてしまった際、遭遇してしまった際に弁護士に依頼する。

どれくらいの損失があるか

交通事故の被害者が相手に損害賠償を求めることは、法律上の権利として認められています。

ただ、いきなり訴訟等で請求するのではなく、相手と示談交渉をするのが一般的です。

邪魔くさい


そこで話がまとまれば、その後の面倒な裁判をしなくても良いので、
両当事者にとって負担が軽くなるからです。

ただし、交通事故の示談交渉をする際には注意を要します。


それは、被害者が素人の場合、相手が強気に出て支払額を抑えるケースが多いからです。

特に、加害者側の保険会社が交渉相手だと、その交渉力や法的素養の差から、訴訟になった場合の
基準の何分の一以下という額で収められてしまうケースも多いです。

 

具体的事例は、法律事務所等で紹介されていることがあるので見てみるとわかります。
その点、弁護士が間にはいれば、相手も強気な交渉はできませんし
弁護士も、裁判になった場合の基準を基に交渉するため、そのような不利益を回避できます。


実際に、保険会社から提示されていた損害賠償や慰謝料額と
弁護士が入ってからの額に大きな差が出ることも、決して珍しいことでは
ありませんので、被害者になってしまった上、相手のいいように
言いくるめられて納得がいかないまま終わるということは
誰もが望んでいないことだと思います。

ちかちかする


そのため、損失を避けるためにも、示談交渉は弁護士を活用しましょう。