自動車事故を起こしてしまった際、遭遇してしまった際に弁護士に依頼する。

加害者との交渉

交通事故の被害者になったら、自力で加害者と交渉することもできますが、
それよりも弁護士に依頼したほうがいいでしょう。

 

なぜなら、自力で交渉することににはさまざまなデメリットがつきまとうからです。
例えば、こちらが受け取れる慰謝料や賠償金の問題があります。

 

被害者が受け取れる慰謝料や賠償金は、裁判を抜きにした場合
当事者の示談によって決められますが、その示談を自ら行い
成功すればいいのですが、失敗すれば希望額を受け取ることができなくなります。

 

しかも、自力で相手方と交渉しても失敗する可能性が高いでしょう。
なぜなら、加害者が自動車保険に加入している場合は、必ず交渉の代理人として
保険会社のプロフェッショナルが出てくるからです。

障害物

 

相手は保険だけでなく交通事故のプロでもありますので、そういう相手と
素人が交渉しても勝てるはずがありません。

滑りやすい


一方、こちらも交通事故専門の弁護士に依頼すれば、スムーズにかつ
有利に交渉を進めることができます。

 

交通事故専門の弁護士は、交渉のポイントをよくわきまえていますので、
素人が一人で交渉するよりも、希望額を勝ち取れる可能性が高くなります。


弁護士に依頼できない理由としては、費用を支払う余裕がないというのが
最も多いかと思いますが、最近ではそういった方のために
初回相談料や着手金をゼロにしていたり、成功報酬は
賠償金が増えた場合だけなど、弁護士事務所によって様々な
スタイルが出てきていますので、まずは相談だけでもしてみることをお勧めします。